富士ヒルクライム試走

もうすぐ富士ヒルなので、試走に行きました。
朝5時41分千歳烏山駅発の準特急に乗り高尾駅へ。
高尾で乗り換え大月駅下車。
いつもはそこから富士急行にのって富士山駅まで行くのですが、時間があるので大月からロードバイクで走ることに。
電車に乗っているとあまり感じないけどじわじわ登っている。
富士山駅からスバルラインの入り口まではもっと上る。
距離にして30キロほど。
アップにはちょっときつかった。

前日の雨が富士山では雪になってやしないかと心配でしたが、大丈夫、ゲートは開いていた。
すでに疲れているけど頑張って上る。
観光バスの数が凄い。
2年ぶりの富士山だけど平日のバスの数が以前の祝祭日と変わらない。
しかも遠慮がない。
ぎりぎりを抜いていく。
中には黒煙を吹いている観光バスもいたけど、富士山のディーゼル規制はどうなった?
夏場にマイカー規制をしているけど観光バスや工事車両に対するディーゼル規制は?
ゲホゲホせき込みながら上る。
あまり楽しくないので、タイムだけに集中。

傾斜の緩むところではダンシングしてスピードを出す。
しかし12キロ過ぎくらいから足が売り切れて、ダンシングがつらい。
やっぱりアップが多かった。

よれよれになりながら1時間41分で到着。
過去1番遅い。

まあ今の実力はこんなものか。

5合目は外国人観光客でいっぱい。

f:id:kano005:20190517181225j:plain

f:id:kano005:20190517181221j:plain

下りは真冬装備だけど凍える。

f:id:kano005:20190517181217j:plain

f:id:kano005:20190517181214j:plain



おもわず私服ズボンを上から穿いて、腹には圧縮袋を巻き付ける。
これで何とか落ち着いた。

下り終わって2年前にもよったうどん屋さん「てっちゃん」でワカメ肉うどんをいただく。
元気出た。

f:id:kano005:20190517181211j:plain

下り防寒装備と輪行袋が入ったリュックをローソンからゆうパックで送る。
世田谷まで960円だった。
電車代片道とだいたい同じ。

ちなみにリュックは翌日の午前中についた。

ゆうパックえらい。


これで退路を切ったので、走って帰るしかない。

山中湖を過ぎて山伏峠へ。

 

f:id:kano005:20190517181250j:plain

この日は一度も富士山を拝めなかった。

f:id:kano005:20190517181245j:plain



道志道の下りは気持ちいい。
思わず笑みがこぼれる。

17時50分に到着。
長い一日でした。

 

f:id:kano005:20190517181622p:plain

f:id:kano005:20190517181624p:plain